BabyUp(ベイビーアップ) 子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

あなたは信じやすいですか?

コンサルティングと言う仕事をしていると自信をなくしていたり不信感を

 

抱いていたりメンタルの面が原因で売り上げが低迷しているオーナーに

 

以外と多く出会います。

 

そう言う方に「大丈夫ですよ」とか「必ず3か月以内に成果が出ます」と言って

 

分析結果を基に話をして元気付けることが多々ありますが

 

答えは「そうですかねえ?」とか「自信ないなあ」と殆どの人が答えます。

 

そんなことないですよ。本当にこれから好転しますよ。

 

と言えば言うほど私に対して不信感を持ったりします。

 

「阿久津さんは考えてくれていない」とか「根拠無しに言ってるんだ」とかです。

 

何が言いたいのかと言いますと人間はネガティブな事は信じやすいけれど

 

ポジティブな事は素直に受け入れて信じる事は難しいと言う事なんです。

 

「そうですねえ、、このままじゃ3ヶ月後には資金繰りが詰まりますね。」

 

って言う意見には

 

「そうですよね?やっぱりまずいですよね?ああ、、、どうしよう!」

 

と言う具合です。

 

だから良く当たると言う占い師は大体マイナスの事を当てていると思います。

 

 

これと同様にコンサルタントもマイナスの指摘ばかりで説教型のコンサルが

 

多いのはこの点を逆手に取っているんです。

 

優秀なコンサルタントの先生だと紹介されて、いざ会って見ると

 

その店のマイナス点の指摘ばかりです。

 

マイナスの指摘ははっきり言うくせにどうすれば良いのかの解決方法は曖昧。

 

こう言う人達周りに多くいませんか?

 

はっきり言って偉そうな説教型のコンサルタント僕は嫌いです。

 

今日もコンサルティング先のオーナーに阿久津さんの話聞いて元気出ました

 

とか、悩んでいた自分が馬鹿馬鹿しくなってきました。と言って頂きました。

 

私はマイナス点も指摘しますが、必ずモチベーションを上げてから帰ります。

 

 

ここまで読んで「あれ?今の自分の状況みたいだな?」と思っている方

 

騙されてはいけません。成功するかどうかを信じるのは100%自分次第です。

 

成功すると信じていても失敗する事があるんです。

 

ならば絶対成功すると信じて物事を行う方が成功率が高いに決まってます。

 

 

こんな簡単なロジックも悩んで周りが見えなくなると冷静に考えられません。

 

モチベーションが上がらないと悩んでいるオーナー様方。

 

まずは自分自身を信じてみましょう。

 

だって今、既にお店を持って経営しているだけでも普通の人よりも

 

数段素晴らしいと思いますし沢山の努力をしてきた訳ですから。

 

さあ、11月12月は稼ぎ時です。気合いを入れて頑張りましょう。

 

居抜き物件の利用方法

最近は居抜きブームで居抜き物件を利用して格安で出店する方が増えてます。

 

しかしながら居抜きと言っても居抜き物件の造作を買い取って、ほぼ解体してしまう。

 

と言う気合いの入ったオーナーも多いのが事実です。

 

もちろん物件の立地や状態によって造作代金を払ってでも取得したいという

 

物件はあると思いますが、もったいないなあと言うのが実際です。

 

今、私のお客様で居抜き物件で出店する方がいらっしゃいます。

 

3人で経営されていた居酒屋の居抜きを買い取って内装会社さんに

 

1人で運営できる様に改装してもらってます。もちろん最小限のコストで。

 

色々我慢してもらう事もあるのですがこれが最良と考えます。

 

出来上がりましたらここにアップします。

人を感動させるとは?

「人を感動させる」って簡単なようで非常に難しいですよね。

 

でも飲食店の本質って「感動」にあると思ってます。

 

お店に入った時や料理が出てきた時に

「わあっ!」  「おおっー!」 と思わせる。

 

これってすごく大事ですよね。

 

こういったテクニカルの部分以外にも

従業員の方のサービスや対応で

心から感動すると言う事も多々あります。

 

これもすごく大事な事だと思います。

 

 

話は変わりますが、

先日休みに子供を連れて家族で

「しまじろう」のコンサートに行ってきました。

 

夕方からの公演だったので子供は眠そうでしたが、

コンサートが始まるや否や超興奮状態で僕の膝の上で

ジャンプしたり「しまじろう」に手を振ったりで

コンサート中はずっと興奮したままでした。

 

まだ2歳で歌の意味や劇の内容は分からないはずですが、

子供なりに感動していたはずです。

 

親の僕も歌や劇に感動すると同時に子供の反応にも感動しました。

 

「何故、大人の僕が感動したのだろう?」と考えていましたが、

 

答えは簡単で

 

劇の演者の方々や歌のお姉さんが本気だから

だったと思います。

 

皆を感動させようと言う事だけを考えて、

一切恥ずかしいとか疲れた等の表情はせずに

お客さんを喜ばせると言う事に真剣で、本気だった

からだと思います。

 

 

以前、経営者研修会で実習研修の中で

本気は人を感動させると体で学んだことがありました。

 

久し振りにその時の事を思い出しました。

 

てっぺんの大嶋さんなどもそうですが、

本気って人の感情を揺さぶるんですね。

 

 

子供向けのコンサートでしたが

経営者の僕にも感動と学びを与えてくれました。

 

僕も仕事に本気で取り組んで

もっともっと人を感動させなければならないと強く思いました。

 

中途半端はダサい。この考え大切です。

 

「しまじろう」あいつはあなどれません。

 

HP用.jpg 

 

 

 

 

 

 

上半期終了。。。

今日から10月。

 

怒涛の上半期の9月末が終わりました。弊社成績は結果から言いますと

 

ひと月の最高受注件数を更新しました。

 

こんな事は何も自慢にもなりませんし私よりすごい社長は何万人もいると思います。

 

でもうれしかったのは当社に来る前の会社では成績の振るわなかった営業社員が

 

当社に入って初月に驚異的な数字を達成したことです。

 

早朝ミーティングも何度も開催しました。

 

月初のミーティングでは具体的な案件も見えていませんでした。

 

25日(月)までは進捗率は25%でした。この日のミーティングで再度戦略を練り

 

目標を達成しました。

 

他にも弊社とアライアンスを組んで業績を大きく伸ばした企業様もいらっしゃいます。

 

私はいつも社員に言ってます。

 

「ビジネスとは何をやるかではなく、誰とやるかが大事である」と。

 

組む相手を間違えなければ必ず勝てると思います。

 

 

会社としては9月に上場企業数社と契約して頂けました。

 

なんとか少しずつ走り出してきた感覚があります。

 

他社と比較して優越感に浸るのではなく、心から感謝をして行きたいと思います。

 

これからもよろしくお願いいたします。

 

 

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

このページの上へ