融資関連サポート

融資関連サポート

飲食店の出店に関しては多額の資金が必要となる場合があります。この場合、自己資金では資金が足りないので金融機関から融資をしてもらい資金を調達する必要があります。
この資金調達に関してですが飲食業と言うのは廃業率が非常に高い業種ですので金融機関も出店者の計画書や経歴、自己資金の内訳などを詳細にチェックして事業の存続及び将来性があるのかないのかを判断して融資の可否を決定します。
この融資の可否を決定する材料としては

・事業計画書
・業歴、経験、事業の優位性
・自己資金の内容

を金融機関側が検証して面談を行い本人からヒアリングを行います。これらの結果を基に融資の可否が決定するわけです。

弊社では今まで多くの方の融資案件をサポートして参りました。それは飲食業に特化した出店サポート会社だからこそ出来る売り上げ予測や立地の優位性、客単価の分析などのデータを基に事業計画書を作り上げ面談時にヒアリングされるであろう点を事前にピックアップして本番の面接でシドロモドロにならないように演習を繰り返して対策を講じます。これらの作業が今まで高い融資実行率を誇っている理由かもしれません。
また、飲食店の出店に関して適正な借入額とはいくらくらいなのか?これらも事業計画書と今までの出店データから適正額を導き出します。飲食店経営に於いて出店費用の借り入れ過ぎは出店後の経営を苦しめ寿命を縮めてしまいますが逆に借り入れなさ過ぎによる早期退店の実例も多く見受けられます。

弊社では借り入れのサポートを行うだけでなく適正借入額を算出し健全な飲食店経営を行うための資金計画のアドバイスを合わせて行っています。

価格

¥216,000-

資金調達用事業計画書、疑似面談などの演習などを含む。調達額が高額な場合や与信上調達が困難と判断される場合はお引き受けが出来ない場合も御座います。

サポート内容一覧に戻る