事業計画作成サービス

事業計画作成サービス

新しく事業を始める時は必ず事業計画書と言うものが必要です。事業計画書とは読んで字のごとく、これから始める事業に関してどれくらいの売り上げが見込めるのか?利益はどれくらい見込めるのか?この事業を始める上でどれくらいの費用が掛かるのか?借り入れは必要なのか?借り入れた資金はどれくらいの期間で返済が出来るのか?等事業の未来を予想し色々な角度から検証して数字に落とし込んだ計画書ということになります。
私達は創業以来、飲食店の出店には事業計画書が一番大切であると言い続けてきました。当たり前のこと過ぎて何を言ってるんだと思われるかもしれませんが未だに事業計画書を軽んじて今まで経験してきたことや教わったことを基にフィーリングで出店してしまう正にドンブリ勘定で出店してしまう方が非常に多いのが現実です。

では何故事業計画書が必要なのでしょうか?私達は「事業計画書は車のナビゲーションシステムの様な物」であると言っています。通称ナビは見知らぬ土地に迷い込んでも正確にゴール地点まで自車を導いてくれます。このゴールまで誘導すると言う機能よりも素晴らしいのは「今現在自分がどこにいるのか?」を画面上に指示してくれる点であると思います。

事業計画は現状を把握しゴールを導き出してくれるナビゲーションシステムのようなもの
  • START
    現在地の把握
    • ・自己資金
    • ・コンセプト
    • ・売りメニュー
    • ・物件条件
  • 事業計画作成
    • ・出店計画
    • ・売上計画
    • ・販促計画
    • ・物件調査
    • ・店舗デザイン
  • GOAL
    OPEN 開業
    開業(ゴール)までに必要な物をリストにし、一つ一つ準備していく。

つまり事業計画も同じように今現在の自分の「自己資金」「物件の賃料」「自分の店の優位性」等々現在の自分の状況を確認し明確にする作業が必要となります。この作業を行う事で今の自分に足りない物や充足している物が分かり出店において戦略を立てやすくなると言う訳です。
この素晴らしい機能を持ったナビの性能を100%発揮させるためには住所や電話番号などの情報を打ち込む必要がありますよね?この打ち込みの作業が事業計画作成に於いての数字の検証作業です。

この様に事業計画書はあなたの店が将来どのような状態になるのか?複数店舗出店することが可能なのか?まずは1店舗目の出店にいくらくらいの費用が掛かるのか?を明確にする大切な物です。
弊社では過去270店舗以上の出店実績と初出店者の売り上げ曲線や過去の出店費用の平均額のデータを活用しながら、様々な出店者様の条件を加味して出店後の経営指針書にもなりうる事業計画書をオーダーメイドで作成しております。

実際にあったケース

ご相談者様:B様 飲食店経験20年以上/40代/男性  業態:イタリアン
相談内容 物件を借りるかどうか迷っている、資金調達を検討している

出店希望者の現状
  • ・自己資金、800万円。
  • ・出店資金が足りない場合は日本政策金融公庫より融資を検討している。
  • ・物件が見つかったが現職では調理長をしているので年内は退職する事ができない(現在9月)。
  • ・造作譲渡費500万円と計画より高いが、駅前の好条件という事もあり物件は気に入っている。「内装工事費はスケルトンから工事するよりは、安価でおさまるだろう」と知り合いの内装業者から意見をもらった。
  • ・実際は蕎麦屋の居抜きの為、『和』の内装を『洋』にするのは工事費が掛かるのではないかと心配。
  • ・厨房も広すぎるので茹で麺機や麺打ち場は撤去して客席を増やしたい。
サポート内容:事業計画作成サービスのご依頼
  • ・B様との打合せ、事業内容をヒアリング
  • ・B様知人の内装会社様の工事見積もりを計画に入れ検討。
  • ・B様の事業計画の「売上計画」と「月間の収支計画」、「メニュー構成」を打合せ
  • ・必要な初期投資必要資金を算出
  • ・融資必要資金額の算出
  • ・出店後の収支計画の構築 ※出店後黒字化するまでの期間予測、必要な運転資金の算出、事業計画の改善
  • ・最終的な事業計画の作成とアドバイス。
弊社からのアドバイス
物件が見つかった際は、詳細な計画書を作成し、この事業が出店後利益がきちんと出る物件であるか?借りるべき物件であるか?の判断をします。例え駅前の好立地であっても弊社の作成する事業計画より利益が出にくい出店であると判断した場合は、この物件での出店をお勧めしません。反対にある程度リスクがあってもある程度の収益見込みが立つと判断した場合には他のリスク要因を下げる為に投下資金を削減するよう具体的にアドバイスしたり、必要に応じてテイクアウトに強い商品開発に力を入れる等、通常の営業売上+αのご提案をしながら、無理の無い黒字化戦略をとっていきます。

弊社の事業計画作成サービスでは、出店後の必要準備資金(運転資金)や今後のビジネス展開において融資が必要かどうかもご指導致します。
事業が軌道に乗るまでどのくらい期間がかかるのか?またどのくらい運転資金を持っておかなければならないのか?の計画を見誤ればすぐ廃業に陥ってしまいます。弊社の運転資金の算出方法は、よく参考書に書かれている固定費x●ヶ月分等といった危険な計算ではなく、あなたの事業に必要な適正数値を算出し、その数字の意味をしっかり理解して頂きます。
この一連の流れが、弊社のクライアントの高い黒字率を保っている根源であると自負しています。

価格

¥108,000〜

資金調達用や追加で加えて欲しい項目がある場合等はお問い合わせください。別途お見積させて頂きます。

サポート内容一覧に戻る