社員の指導方法

2010年2月9日

社員の指導方法や組織構築論に関して色々ご質問を受けることが多いです。

飲食店の場合、社員を多数雇用しますから人的な悩みはオーナーには付き物です。

私のコンサルティングの例から言いますと

飲食業で成功されている方は決して飲食業出身の方ばかりではありません。

むしろそれ以外の業種からの参入の方の方が成功率が高いかもしれません。

これは何を意味しているのでしょうか?

飲食業の経営に於いて最重要なスキルは料理やサービスではないと言うことです。

非常に上手くいっているお店のオーナーは概して・・・

「オーナーの夢に社員を乗せている」これが出来ています。

つまりリーダーの条件でもありますがオーナーの夢に社員が同調していなければ、店の経営はうまくいくはずはありせん。

 

料理よりもテクニカルなサービスよりもモチベーションが何よりも大切だと思います。

拘束時間も長く所得も業界平均でいえば他の業界よりも決して高くありません。

だからこそ社員のモチベーションはその店の運営に大きく影響するのです。

 

だから私は社員のモチベーションアップの方法をオーナーとよく話します。

こう言った事を言うことによって自分にもプレッシャーになりますが、私のお客様に対してもモチベーションを上げて頂くように気を使っているつもりです。

 

「人生を勝利するには心構えこそすべて」です