10年振りの再会

2012年4月16日

先日私の以前勤務していた会社の10年振りの同窓会がありました。

 

私がサラリーマンを退職し入社した外資系生命保険会社の同窓会です。

 

もちろん定期的に会っている人も何人かいるのですが全員が一同に

 

集うと言うのは10年振りだと思います。

 

全員が来た訳ではなかったのですが100人弱が集まりました。

 

本当に懐かしく昔話に花が咲きました。

 

仕事を保険業以外にしている方も何人かいて一つ一つの話に感心するばかり。

 

 

パーティー会場を出てから仲の良かったメンバーとたっぷりお酒を飲んで

 

3軒ハシゴです。気付けばこのメンバーは当時社長賞で表彰されハワイに

 

招待された仲間でした。不思議と何故か又集まってしまいました。

 

今までの苦労話、これからの展望、プライベートの話など沢山の話をしましたが

 

僕のモチベーションを上げてくれる話ばかりでした。

 

 

保険会社と言うと保険に加入してもらう為に何度もしつこく電話したりと言う

 

イメージがあるかもしれませんが前職の会社は違っていました。

 

自分が在籍していたから言う訳ではありませんが本当に最強最優秀を自負する

 

人達が沢山いて毎日物凄い刺激をもらっていた事を思い出します。

 

皆がバリっとしていて本当に格好良かったのを覚えています。

 

 

 

 

年を取って家庭を持ったり体力的にきつくなって皆穏やかになっていましたが

 

新しい学校に通い始めている方や大きな事業を興している方々などに

 

再会する事が出来て更に自分の仕事に対する心構えを引き締める事が

 

出来ました。

 

そしてこのブログを読んでくれている方も何人かいらっしゃるようで

 

さらにびっくりしました。

 

ある先輩に「当時から飲食業に関連する仕事をしたいと言ってたよね?」

 

と言われて、そう言われてみればそうだったなあと。。。

 

当時保険業界から飲食業界への転身と言うと「は?」と言う感じでした。

 

収入だけで考えたら絶対にあり得ません。

 

沢山の人に止められました。

 

でもそれらを押し切って飲食業界に飛び込んだので私は仲間との交流を

 

意識的に避けていたのかもしれません。

 

 

まだまだ小さな会社ですが私がやりたかった仕事に従事しています。

 

大好きな飲食業の世界で人の事を成功させるのが好きな私が考えた仕事です。

 

私は思います。

 

勝負に勝つ為には勝負に勝った経験のある人に教えてもらうことが最善だと。

 

これからもあらゆる勝負にティーアップは勝たなければなりません。

 

勝った時に初めて他人に優しく出来る気がします。

 

こんな会社ですがよろしくお願いいたします。