元気を出しましょう!

2011年3月14日

国連のコメント

 

「日本は今まで世界中に援助をしてきた援助大国だ

 

今回は全力で国連が援助する。」

 

 

 

 

ツイッターより

 

駅員さんに「昨日一日一生懸命電車を走らせてくれてありがとう」と言っている

 

子供達を見た。駅員さんは泣いていた。

 

 

ツイッターより

 

避難所でおじいさんが「これからどうなるんだろう?」って不安そうに言っていた。

 

横にいた高校生くらいの男の子が

 

「大丈夫。大人になったら僕達が絶対に元通りに直します」って

 

おじいさんの背中をさすっていた。

 

 

 

 

こんなこと書いて震災に遭った人たちが読んでくれているとは思わないです。

 

僕のブログじゃ影響力はないかもしれない。

 

でも何かしなければと思って書いてます。

 

 

こんな悲惨な状況であってもスーパーでは列に並んでお金を払って

 

略奪が起きる訳でも無く・・・

 

満員電車ではお年寄りに席を譲って・・・

 

外国のメディアは理解を超えていて、どう伝えて良いのかわからないらしい。

 

外国であればすぐに暴動や略奪が起きて治安が一気に悪化してしまう。

 

でも、これが日本人なんだと思う。

 

電車が動かなければ文句言わず歩いて帰って、知らない人達にトイレ

 

貸してあげて、温かいお茶を配ったり。。。

 

戦争に負けて焼け野原になっても、毎年台風が上陸して、

 

過去にも大きな地震で壊滅的な被害に何回もあっても

 

必ず起き上がってきた。

 

僕たちには絶対に立ちあがると言うアイデンティティーが根付いている。

 

だから絶対に絶対に負けない。

 

僕が出来る支援なんて本当に限られているけれど

 

出来る事を精一杯やっていこうと思います。

 

 

元気のない人達を少しでも勇気づけたいと思いブログに書きました。