女性経営者の決断力

2012年3月9日

弊社のクライアントは当然ですが飲食店の経営者が殆どです。

 

その中でも何人か女性経営者がいらっしゃいます。

 

最近の出店者では

 

埼玉県入間市のインド料理「印度亭」http://indotei.net/

 

横浜市あざみ野の「Cafe Bar Nibbles」http://ameblo.jp/theshowroom/

 

これらのお店の経営者はどちらも女性オーナーです。

 

もちろん今の時代女性経営者も珍しくないのですが共通点があります。

 

お二人の共通点は・・・

 

①出会いが私のセミナーの参加者であること

 

②お二人とも飲食店未経験であること(料理人ではないと言う事です)

 

③ポジティブでプラス思考であること。

 

④素直であること(偉そうですいません)

 

⑤即決すること

 

僕が感じる二人の共通点はこんな感じです。

 

お二人は違う時期のセミナーの参加者なので面識はありません。

 

でもタイプが似てるんですよねー。

 

 

 

印度亭さんは立地の厳しさを自らの攻めの営業を行って凌駕しています。

 

ブログを見て頂くと分かるのですがデリバリーが非常に好調です。

 

この戦略もすぐに実行して結果を出しています。

 

お客さんが来ない。じゃあ売りに行くしかないですよねと言う事を

 

即断即決して実行して頂いています。

 

 

 

Cafe Bar Nibblesさんは弊社社員と沢山の物件を見ていました。

 

もちろん色んな理想があったと思います。

 

でもオーナーになる訳ですから商売と言う勝負に勝たなければなりません。

 

ロケーションや賃料、通勤などを考えて今回の物件に決定しました。

 

 

 

お二人の周りには沢山の人が集まってきます。

 

業者さんもすごく応援してますし、お客さんにもファンが多いんです。

 

それは⑤の即決する気持ち良さなんだと思います。

 

なんか男前なんです(笑)

 

以前からブログで何度も書いていますが決断しない人には人は寄ってきません。

 

何にでも「やります!」とイエスの返事をすると言うことではありません。

 

嫌な事や自分の価値基準とは違うと思ったら「それはやりません!」と即決する。

 

それが優しさでもあると思います。

 

これが一緒に仕事をしていて気持ちが良いんだと思うんです。

 

「やるのかやらないのか」決断せずに先延ばしするタイプの人もいます。

 

はっきり言って意味が分かりません。

 

別に断られても何とも思わないのですが「やらない」と言ってくれないので

 

こちらもどうして良いのか分かりませんし真意が分からなくて気持ち悪いんです。

 

 

「ホワイトカラーは疲れる事は無い。

 

やり残した仕事が多すぎて、あれもやってない。これもやってない。

 

と自己嫌悪に陥ってストレスを感じるのだ。」

 

と言われています。

 

表現は極端ですがその通りだなと思います。

 

やっぱり仕事は一つ一つ片づけていかないとドンドン積み重なって

 

最終的には身動きが取れなくなって自分や相手にも迷惑を掛けます。

 

だからこそ「決める」ことが大切だと感じます。

 

「やる!と決める」「やらない!と決める」簡単そうで難しい事です。

 

今一度私も自分の行動を見つめなおして即断即決を心がけようと思います。

 

 

 

もちろん弊社クライアント様にはまだまだ素晴らしい方が沢山いらっしゃいます。

 

次の機会に御紹介させて頂きます。

 

お近くに行く機会がありましたら是非2つのお店に顔を出してみてください。

 

きっと沢山の元気をもらう事が出来ると思います。