工事金額適正査定サービス

工事金額適正査定サービス

内装工事金額の「内訳」や「どうしてこの金額になるのか分からない」と言うご質問を沢山いただきます。
これは内装工事金額には電化製品などのように定価がある訳ではありませんので、この店舗の工事費用は1000万だと言われれば1000万ですし800万と言われれば800万円と言う金額に納得するしかないわけです。
つまり施主であるお客様は内装業者さんの内訳や内容を信用するほかありません。

弊社は過去に出店した多数の店舗のお見積書や概算書をストックしデータ化しております。その過去のデータを用いて過去の工事金額の平均額よりも異常に高額である場合などは代替案などのアドバイスをさせて頂きます。工事金額と言うのは建築資材や人件費の高騰などもあり上昇傾向ですので勘やフィーリングで「高い、高い」と言っても現在の適正価格である場合もあります。
まずはお客様がお持ちの見積書が高いのか安いのかを客観的に判断して不安や不信を払拭して頂き内装工事を始めていくというサービスで御座います。

実際にあったケース

ご相談者様:H様 飲食店経験15年以上/40代/女性  業態:和食
相談内容 物件はほぼ決まっている、工事金額が高いのか?安いのか?分からない

出店希望者の現状
  • ・スケルトン物件
  • ・物件は1週間後の月末に契約予定、来月より家賃が発生する。
  • ・1か月前から内装会社3社と打合せをし、見積をもらっている。
    ⇒1社まだ見積もりが出てきていない。
  • ・見積書の内容バラバラでよく分からない
  • ・見積金額に大きな差があり悩んでいる。
サポート内容:「工事金額適正査定サービス」+「事業計画作成サービス」「立地診断レポートサービスのご依頼
  • ・H様との打合せ(事業内容をヒアリング、見積と各業者提案内容の確認)
    ⇒現場調査した際、はっきりとした条件を各社へ伝えていなかった。
  • ・3社の見積もりを同条件で精査し、H様と比較検討
    • ・立地調査データを基に当初H様が作成された事業計画の見直し、数値改善と計画再検討。【事業計画作成サービス
      ※コンセプトの強化:特にデータよりターゲットの再設定、月間収支計画と売上計画、メニュー構成、人員配置、客単価等の調整を行った。
    • ・事業計画の初期投資必要資金(工事前後の必要準備費金)を算出し、工事予算金額枠を再決定した。【事業計画作成サービス
弊社からのアドバイス
内装工事金額はただ単に金額が安い方が良い見積というわけではありません。重要なのは、あなたの事業にとって適正な内容と金額なのかどうか?ということです。そして見積内容を確認し、後で追加工事が発生しないようしっかり工事内容を理解しましょう。ご自身が理解しなければ、工事が進んでいくにつれて、「思っていたの違う・・・」「こんなはずではなかった・・・」等後々大きな問題につながります。

弊社は過去のデータに基づき適正な金額算出し、さらに出店後の経営を素早く良化する為に限られた予算をどこに投じるべきかアドバイス致します。

価格

別途ご提案と御見積致します。

お客様の希望査定内容によって料金は変わりますので御相談下さい

サポート内容一覧に戻る