飲食店の開業費用はどのくらい?開業に必要な4つの費用と費用の準備方法

公開日: 2021年4月12日

「飲食店の開業には、どのくらい費用が必要?」

「開業費用にもっとお金をかけたいが、どうやって準備すればいいのだろう」

そんなお悩みはありませんか?

店舗によって、必要な開業資金は変わります。飲食店開業に必要な費用は、店舗にかかわるものだけではなく、店舗以外にも多くの費用が発生します。そのため、店舗を開くためには、開業費用の把握と費用を準備する必要があります。

今回は、飲食店の開業にはいくらかかるのか、開業に必要な4つの費用とその準備方法を解説します。

 

◆飲食店開業に必要な4つの資金

飲食店の開業には、数百万円〜数千万円以上かかります。飲食店のジャンル・内装へのこだわりなどによって、開業費用は大きく変わります。

開業に必要な費用は、主に4つあります。 

  • 物件初期費用
  • 店舗・設備費用 
  • 運営資金 
  • 生活費 

下記でくわしく解説します。

 

◇ 物件費用  ◇

物件に必要な費用「家賃」がかかります。店舗を借りるための初期費用は、保証金や礼金がかかります。

 

一般的な飲食店の物件の場合、保証金(敷金)は賃料の10ヶ月分かかります。この保証金額が、物件を借りる初期費用の大部分を占めています。 

他にも初期費用には、仲介手数料・礼金・前賃料がかかります。(内装や設備を前店舗から譲り受ける居抜き物件を借りる場合は、譲渡代も加わります。) 

例:家賃40万円の店舗を借りた場合 

合計金額520万円の他に、保証会社へ支払う費用や火災保険料などの費用が初期費用にプラスされる場合があります。

 

◇ 店舗・設備費用  ◇

店舗のオープンには内装・外装工事や調理設備の購入が必要です。飲食店の規模や内装をどのくらいこだわるかによって、費用が大きく左右されます。 

費用の内訳は下記の3つです。

  • 内装・外装設計・工事費 
  • 内装・厨房設備費用
  • 店舗クリーニング 

 

▽内装・外装設計・工事費 

一般的に、「スケルトン」と呼ばれる何もない状態の物件から、内装工事をはじめます。スケルトンの物件を工事した場合、50〜100万円/坪が工事費の目安です。また工事費には設計費も含みます。

 

▽内装・厨房設備費用

内装費用は主に下記の4つがかかってきます。

  • 調理設備(冷蔵庫やシンクなど)
  • インテリア(食器や家具など)
  • 備品(洗剤やスポンジなどの消耗品)
  • 店舗レジの導入

気になる費用は、店舗の希望やジャンルなどにより大きく変わるため、複数の業者に見積もりを依頼し決めましょう。

 

▽店舗クリーニング費

クリーニングの専門家に依頼した場合は、10万円前後の費用がかかります。

開業に必要な内装工事や準備後は、素人では気づきにくい汚れが店舗内に残っている場合があります。飲食店は清潔が第一です。専門家に依頼し、すみずみまで汚れを落としてオープンを迎えましょう。

 

◇ 運営資金  ◇

飲食店を開業した際の必要な費用と、経営が軌道にのるまでの費用を用意しましょう。

開業時に必要な費用として、以下の3つを1ヶ月分用意します。

  • 家賃
  • 食材費・光熱費・消耗品
  • 人件費

また、飲食店開業後、経営が軌道にのるまでのリスクに備えた費用を準備します。

  • 家賃(6ヶ月分)
  • 食材・光熱費・消耗品(6ヶ月分)
  • 人件費(6ヶ月分)

例えば、家賃40万円/月、食材費・光熱費・消耗品15万円/月、人件費30万円(スタッフ2名×15万円)とした場合

 

開業時の費用と軌道にのるまでの費用は、合計595万円が必要です。

新規出店した飲食店の多くは、開業後数ヶ月〜半年間、利益が出ないことがほとんどです。

「料理がおいしかった」「インテリアがおしゃれだった」などの評判や口コミも、SNSで広がるには数ヶ月〜半年はかかります。 すぐに利益がでることを期待してしまいますが、開業した飲食店を長く続けるために、リスクに対して万全の備えは重要です。 

 

◇ 生活費 ◇

運転資金と同じく半年間分の生活費を用意しましょう。飲食店がオープンしてから軌道にのるまで、収入がなくても生活に困らない備えが必要です。

・家賃

・食費

・日用品代

・電気代

・ガス代

・水道代

・通信費

これらは普段の生活に欠かせないものです。さらに、家族構成によっては、教育費や医療費なども含めて準備をしましょう。

 

◆開業費用の準備方法

飲食店開業には多額の費用が必要です。すべてを自己資金で用意するのは、むずかしいと考える人が多いのではないでしょうか? 

不足分は、金融機関から費用を借りる場合がほとんどです。新規飲食店の場合、日本政策金融公庫へ融資の相談をすることが一般的です。なぜなら、私たちが普段利用する大手銀行や地方銀行では、経営実績がないため、費用を借りることが困難だからです。

日本政策金融公庫は、事業に取り組む人を支援する政策金融機関です。各地域に店舗があり、最寄りの店舗で相談ができます。(参照:日本政策金融公庫HP) 

融資の申し込みには審査があります。まったく自己資金がない場合は、審査に通りにくくなってしまいます。必要な開業費用の3割程度を目安に、自己資金を用意しましょう。 

◆まとめ

飲食店開業は数百万円〜数千万円の初期費用が必要です。 

  • 物件初期費用
  • 店舗・設備費用 
  • 運営資金 
  • 生活費  

物件や店舗に関わる費用はもちろん、半年間分の家賃や運営費用を含めた開業費を用意しましょう。店舗を軌道にのせるまでのリスクを考慮した費用が、飲食店開業の成功につながります。

ティーアップでは飲食店の新規出店・独立サポートを専門に多くの実績があります。開業後のサポート体制も万全です。

飲食店開業についてお悩みがありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。