飲食店開業 出店までの流れ特別解説 ≪2≫

【02】コンセプトの構築
concept

飲食店の開業を『決意』したら、

最初にやるべきことは『コンセプトを決めること』ここから全てが始まります。

■ どんな店をやりたいのか?

■ どんな立地でどんなお客さんに来てほしいのか?

■ そのお店はどれくらいのお客さんに支持されるのか?

飲食店出店において一番大切な柱になるのが「コンセプト」です。

この「コンセプト」を明確に決めておけば、

時間が経過して店の運営に悩んでも何故このお店を始めたのか?

どんなお客様に来て欲しいのか?等原点に立ち戻って考えれば解決できる悩みも多々あります。

 

では、どのようにして自店の「コンセプト」を作っていけばよいのか見ていきましょう。

 

コンセプトとは

飲食店開業における『コンセプト』とは、

あなたのお店が『どんな店なのか?』を表すものです。

 

例えばあなたは以下のような質問にすぐ答えることができますか?

・「どんな料理」を提供するのか?   

・「どんな場所」にお店を構えるのですか?

・「どんなお客様」がお店の中にいますか?

・「どんな商品をいくらで売る」のですか?

・   店内は「どんな雰囲気」ですか?

・「どんな接客」スタイルですか?

・お客様は「どうやってあなたのお店を知った」のですか?

 

いかがでしたか? 

飲食店出店が具体的に決まってきた段階の人はもちろん、すぐに答えることができますよね?

すぐに答えれなかった方の為にもう少し詳しく説明しましょう。

 

「土台となる考え」を決めましょう。

先程の質問内容は、「お店の土台となるあなたの考え」について聞いています。

先程の質問を紐解けば、

・「どんな料理」を提供するのか?   – – – は 「業態」について聞いています。

・「どんな場所」にお店を構えるのですか?   – – – は 「立地」や「物件」について、

・「どんな人」があたなのお店の中にいますか?   – – – は 「ターゲット

・「どんな商品いくらで売る」のですか?- – –  は「価格」や「客単価

・店内は「どんな雰囲気」ですか?- – –  は「店舗の内装

・「どんな接客」スタイルですか?- – –  は「サービス

・お客様は「どうやってあなたのお店を知った」のですか?- – – は 「宣伝方法」または「販促」についてです。

そもそも商売とは、「価値」と「価値」の交換で成り立っています。

 

「コンセプト」とは、あなたの「お店の価値」を表すものとも言えます。

お客様が御代を支払う時、

その「価値(あなたのお店でお客様が得たもの)」と「価値(代金)」が

見合っていれば「満足」し、見合ってなければ「料金が高い」と感じます。

 

お客様が「お会計時、代金が見合っているかどうか?」を判断する対象は、商品だけではありません。

 

「サービスが良くて気持ちよかった」とか「連れて行った相手が喜んでくれた」など

感覚的や情緒的に得た感情なども「価値」を図る対象となっています。

よって、コンセプトとは「土台になる考え」と「それを具体的に実現するためにどうするかの指針」も考えなければなりません。

まずは、土台となる「コンセプト」を書き出し、今考えている方向性をブラッシュアップ(明確に)してみましょう。

 

※出店準備中コンセプトは「物件」や「立地」が決まることで「ターゲット」や「商品」等が変わることがあります、

変更があれば、その都度書き替えどんどん精度を高めていきましょう。

 

▷ ▷ ▷続きは【03】事業計画・物件探し へ

 

【一括ダウンロード】 飲食店開業 出店までの流れ特別解説 ≪1~10まで≫

出店までの流れ特別解説 ≪1~10ステップ≫を一括ダウンロードをご希望の方は

『特別解説一括ダウンロード』よりダウンロード可能です。