代表取締役 阿久津圭司ブログ BabyUp(ベイビーアップ) 子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

電話・ファックスでのお問合せ

オープニングツール

そんなことが実際に多く発生しています。
●都内12坪 イタリアンオーナーA様の実例

・電気容量
カフェの居抜きで造作譲渡費無し、店内もきれいで安く出店できると思い、すぐに物件契約をした。 物件契約をした後、電気容量が足りないことがわかり、容量を増設する工事費用30万円と工事申請に一か月かかり工事が遅れ、家賃40万円が余分にかかった。

・エアコン
そして、業務用エアコンがついていたが、オープン後営業していくうちに、席の場所によっては「エアコンが効かず暑い、またエアコンの風が直接当たって寒い」と激しく温度差を感じるところが生じた為、エアコンを増設した。

・ダクト
出店後イタリアンは、以前のカフェと違いニンニクの臭いが強い為、周辺の住民からクレームが出た。6階屋上までダクトを上げるようビルオーナーから要望が出た為、ダクト工事を行った。

オープニングツール

『もう少しサービスの内容を見たい』という方、こちらをご覧下さい。

『うちの店舗も調査して欲しい!』という方、下のボタンからお問い合わせ下さい。

このページの上へ