サービス紹介

  • 飲食店までの流れ
  • 出店前向けサービス
  • 出店後向けサービス
  • 多角化向けサービス
  • お悩み別サービス紹介
  • 他社との料金比較
代表取締役 阿久津圭司ブログ BabyUp(ベイビーアップ) 子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

飲食店開業ならte-up

飲食店開業ならte-up

サービス内容

物件調査

これは飲食店用の店舗物件を賃貸する際にガス、水道、電気、エアコンなどの容量や設備のチェックを行って飲食店の出店が可能だと判断してから物件を取得をしなければなりません。賃貸借契約を行ってから電気容量が足りないとかガス容量が足りない等と言う事に気付くと多額の出費が発生して資金計画が狂ってしまいます。

サービス内容

ケース1

不動産業者に「この立地でこの坪数でこの賃料は絶対に得だ。もし嫌なら次の人が申し込みを待っているから1週間以内に返答をくれ」と言われて困っていると弊社が相談を受けました。

弊社は至急調査を開始しました。
電気、ガス、水道、エアコン、建物の構造や強度。5日後に結果が出ました。
電気に関しては動力が通っていないので引き込みに30万円、エアコンの室外機の置き場がなくエアコンの増設は不可。ガスに至っては店舗前の道路面の掘削及び土木工事が必要と判明し工事費用は80万円。
水道は管が細い為、シンクとトイレを同時に使用するとトイレの水が出なくなってしまう事も分かりました。

これらの結果を調査書にまとめオーナーに提出。
この物件での出店を諦めました。そして予算に見合う物件を当社で紹介。
今日現在も元気に新店舗で営業されています。
不動産業者に勧められたこの物件は未だ空き物件です。

ケース2

「物件を紹介され、実際に店舗を見てみたが、物件情報に記載されている情報より面積が小さい気がするので調べてくれないか?」と相談を受けました。

実際の物件情報が下記の画像。
物件調査
弊社が専門業者に依頼し現場調査した結果、物件面積は6.5坪でした。
物件情報から物件面積が8.5坪の場合の1坪当たりの単価(坪単価)は210,000円÷8.5坪=約25,000円です。
しかし、実寸で計算すると210,000円÷6.5坪=約32,000円となります。
周辺の飲食店の家賃(物件価値)を調査した結果、当該物件は坪単価がかなり高額であるということが分かりました。

上記の事を踏まえ、事業計画を組み直しました。

①坪数間違いに対して交渉文作成
②不動産業者との交渉指導
その結果・・・物件調査

価格

一律100,000万円

物件の賃貸契約の前に必ず利害関係の無い第三者に物件の調査を行ってもらう事を推奨します。動力(200V)が引き込まれていない!エアコンの室外機の設置場所がクレーンを使用しないと設置できない場所にある等の見落としによって30万円から80万円の追加工事が発生します。物件取得後に思わぬ出費に悩むことの無いように弊社では物件調査を強く推奨しております。

飲食店開業ならte-up

一言

勝算を冷静に判断する!

それは不動産業者や内装業者がチェックしてくれると言う方もいらっしゃいます。

しかし不動産業者は物件を賃貸してもらって始めて儲けが発生します。
内装業者は物件を借りてもらって工事をして初めて儲けが発生します。

その方々にこの物件を借りて良いですか?と聞くのですか?

答えはほぼ決まっている気がします。

このページの上へ