BabyUp(ベイビーアップ) 子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

フレンチバル&レストラン ジェイズがリニューアルオープン致しました。

 

新宿東口から5分の好立地にあるジェイズ。

 

今回は気軽にお酒や食事の楽しめるバル業態を目指して

 

リニューアルしました。

 

貸切パーティーも出来ますので大人数での歓送迎会などにご利用ください。

 

 

東京都新宿歌舞伎町1-1-16 テイケイトレードビルB1

03-5287-1241

17時から24時まで

無休

http://r.gnavi.co.jp/gc07900/

 

ご応募有難うございました

当社社員募集に関しまして沢山のご応募を頂きました。

 

この場を借りて御礼申し上げます。

 

正社員1名と嘱託社員1名の採用を行いました。

 

新しいスタッフを加えてティーアップは更にパワーアップしたいと思います。

 

 

今度は事務所が狭くなってしまったので引越しを考えなくてはなりません。

 

まだこの事務所に引っ越してから1年半です。

 

引越し貧乏になりそうですが今度は2,3年先を見据えて大きめの事務所を

 

探そうと思います。

 

こういった事情で6月からお客様のスペースが少し狭くなってしまいます。

 

ご不便おかけ致しますが何卒よろしくお願いいたします。

 

 

飲食業のやりがい

飲食業のやりがいって何なのでしょう。

 

他の業界から見たら飲食業と言うのは収益率が低く時間当たりの生産性も

 

低い為に効率で言ったら歩が悪い産業かもしれません。

 

でも飲食業と言うのはお客様と直接触れ合う事が出来て反応をダイレクトに

 

感じる事が出来ると言う素晴らしい特質があります。

 

今日私のクライアントである板橋3丁目食堂さんに月例の定例訪問をしました。

 

数字の打ち合わせや今後の戦略等をミーティングした後、オーナーから

 

見せたい物があると言われ壁に掛けてあった額を見せてもらいました。

 

中には素敵な絵葉書が入っていて、それはお店への感謝の手紙でした。

 

その葉書を書いた方は女性でオープン当初からお店のファンで

 

御一人で来店されて食事をしてくれていたそうです。

 

お店とお料理を気に入って頂いたようで常連さんとなり何度も通ってくれて

 

いたとのこと。

 

お店が満卓の際に御来店されて入店出来ないと御断りした時も

 

「こんなにお客様が来てくれて本当に良かったですね」

 

と自分の店の様に喜んでくれていたそうです。

 

この女性が先日一人でコース料理を予約されて食事に来店されました。

 

その時に結婚の為に引っ越すことになり今日がこの店で最後の食事となる

 

と言われたようで今までの感謝の印にお店に対して手紙を書いてくれたようです。

 

手紙の内容は「一人暮らしの私が食事をする為に板橋3丁目食堂に寄った

 

ところ非常に感じ良く対応してもらった為にファンになって通い続けた。

 

一人暮らしの寂しさや仕事のストレスも、このお店で癒された」

 

と言う内容でした。

 

お店がお客様に手紙を書いて渡すのではなく逆にお客様から感謝の手紙を

 

渡されると言うのは本当にうれしい事だと思います。

 

これこそ飲食業のやりがいだと私は思いました。

 

繁華街では無く地元の方々から愛される店ってやっぱり繁盛してるんですよね。

 

手紙を読ませてもらって素敵な気持ちになれたので是非とも

 

シェアしたいと思いブログにしました。

 

 

オーナーの永瀬さんも非常に素晴らしい方ですが女性スタッフの方々も

 

本当に明るくて感じの良い方ばかりです。

 

もちろん料理も本当に美味しくてリーズナブルです。

 

是非皆さんも寄ってみて下さい。

 

明るくホンワカした気分になれます。

 

 

板橋3丁目食堂

〒173-0004 東京都板橋区板橋三丁目5-1 リビオタワー105

http://i3cho-me.com/

 
営業時間:
平日:
ランチ:11:30~15:00 (LO 14:00)
ディナー:17:00~22:00 (LO 21:00)
祝祭日:
ランチ:11:30~17:00
ディナー:17:00~23:00 (LO 22:00)
定休日 :
毎週火曜日/第1月曜日

壁に貼ってあるもの

弊社に来社されたことがある方はご存知かもしれませんが

 

ミーティングスペースと事務スペースに分かれています。

 

と書くと広そうなイメージですが狭い事務所をパーテーションで区切って

 

いるだけです。

 

その事務スペースの壁には沢山の標語や目標が貼ってあります。

 

これだけを読むとむさ苦しいイメージに思われてしまうかもしれませんが・・・

 

もちろん代表である私の目標が一番大きく太い字でど真ん中に貼ってあります。

 

最近は入社希望の方の面接が立て込んでいるので会社運営の方針などを

 

入社希望の方に話すことが多くなっています。

 

そんな方々と話をしていると熱くなってきて壁に貼ってある紙をはがして

 

紙を見せながら当社の事業の将来性を語っています。

 

もちろんその熱さに引いている人もいるかもしれませんが(笑)

 

その壁の張り紙の中に「営業心得」と言うものがあります。

 

大学を出てからずっと営業職で来た私が考える営業と言うものはどういう

 

ものなのかを考えて作った10カ条です。

 

これを作ったのは10年前なのですが当時から激熱だったんですね。

 

今回はこの10カ条のうち私が気に入っている一つを紹介します。

 

「物事の結果は全て自分の責任だと考えること。否定的な感情の99%は

 

責任転嫁による。責任転嫁は常に過去に目を向けている。責任転嫁を止めた時

 

それはゴールを目指してスタートした証拠である。」

 

どうでしょう?

 

私も自分で思っていながら守れていない時もあるのですが

 

自分の責任だと思うのは非常に勇気のいることなんですね。

 

だからこそリーダーは潔く自分自身の責任を認めて前に進む必要があります。

 

今の自分自身の収入や地位や待遇は全て自分自身の選択の結果です。

 

脅迫されて今の仕事や地位を選んでいると言う訳ではありません。

 

非常に単純なロジックですが理解するのが難しいことです。

 

でもこれは原理原則であり反論の余地が無いところなんですよね。

 

飲食店経営も大工さんも販売員も皆この原理原則は一緒です。

 

少しでもエッセンスを御理解頂ければ幸いです。

 

是非今日から更に前を向いて突き進みましょう!

 

追伸

 

ちなみに今かかっている音楽は「ロッキーのテーマ」です。

 

一体どんな会社なんでしょうか?(笑)

 

もちろん偶然です。。。。

 

 

 

 

 

最近は海外出店ブームで中国やシンガポールなどアジア圏への出店が

 

増えてきています。

 

それは人口の減少や外食に掛ける金額が年々減っているからと言う理由も

 

あるでしょうし日本のサービスやホスピタリティーを海外に輸出したいと言う

 

理由もあると思います。

 

でも本当に日本の国内マーケットって駄目なんでしょうか?

 

海外進出がトレンドになっているからと言って明確な戦略無く海外進出を

 

行っても大きな損失を被るだけではないでしょうか?

 

 

最近は海外のお客様の日本での出店をお手伝いしております。

 

昨日も御契約を頂き日本での出店を弊社がサポートする事となりました。

 

4月には海外のお客様が弊社に来社されまして日本での出店を加速したいので

 

協力して欲しいと申し出がありアライアンスを弊社と組むこととなりました。

 

 

もちろんわざわざ弊社に来る程の方ですから下調べも慎重で日本の景気を

 

憂慮していらっしゃいます。

 

しかし商習慣や法規制、許認可、治安などを考えると日本はまだまだ

 

最高のマーケットであると言います。

 

私も実はそう思っていて個人経営の飲食店に関して言えばマスコミが大騒ぎ

 

しているような不景気の波を受けている所は少ないんじゃないか?

 

と考えています。

 

もちろん消費税率アップや計画停電のニュースは消費マインドを下げている

 

事は事実です。しかし全国民の可処分所得が大きく減った訳でも無く

 

相変わらず海外旅行は盛況でブランド品も輸入車も売れています。

 

要は日本の国民の価値観が成熟してしまって、そこそこ美味しいと言うだけでは

 

飲食店が流行らなくなってしまったと言うのが真実だと言う気がするんです。

 

今の出店者の方々は一昔前の出店よりも色々な事を考えなくてはなりません。

 

反面飲食店繁盛のコツを掴んで出店する度に繁盛してしまうと言う方も

 

多々いらっしゃいます。

 

 

でもこういったプラスの情報は中々報道されません。

 

人の会社が繁盛している情報よりも倒産や資金繰り悪化と言うニュースや

 

情報の方が売れるからです。

 

 

だから日本のニュース等を理解出来ない海外の方の方は実際に来日して

 

食べて飲んでマーケットをリサーチして自分自身で肌で感じた直感等で

 

勝てると踏んで出店を決意しています。

 

マイナスのイメージや先入観が無い分強い点も沢山あります。

 

しかしながら物件や取引の点では日本は閉鎖的で外国の方に物件を中々

 

貸してくれません。だから全体的な出店数も少なく感じてしまうんです。

 

でも海外の方は総じてこんな事では負けません。

 

最初からハンデは当たり前と思っています。

 

前述の海外の方も既に日本では4店舗出店しています。

 

更に出店の加速を上げる為に弊社とアライアンスを組むと言うことなんです。

 

 

指標だけを見ると厳しい環境であることは変わりありません。

 

しかし見方を少し変えるだけで自分自身のやる気に火を点ける事が出来ます。

 

 

連休が明けたら夏商戦が待っています。

 

早めの準備で今年の夏を勝ち抜きましょう。

 

 

 

 

 

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

このページの上へ