BabyUp(ベイビーアップ) 子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

飲食店の出店において一番大きな資金が必要となるのが設備投資です。

 

つまり出店するお店の工事や厨房の費用です。

 

最近では出店費用をコストダウンする為に居抜き物件が主流になっています。

 

コストダウンや低価格出店が主流の時代に当社の様なコンサルティングや

 

コンサルティング費用は必要なのでしょうか?

 

コンサルティング費用の分を節約した方が良いのではないか?

 

初対面のお客様からこういった御質問を頂く事が非常に多くなりました。

 

 

弊社のコンサルティングが必要か?

 

答えは「yes」です。

  

 

私は絶対に必要だと思います。

 

このコストダウン全盛の時代に今月だけでも新規出店、既存店リニューアル

 

業態変更、増床、収支管理、事業拡大のコンサルティング契約等など

 

様々なコンサルティング契約を締結させて頂きました。

 

 

私自身が今まで本当に沢山の飲食店の出店に関わって参りました。

 

大袈裟に言えば弊社のアドバイス無しに飲食店の初出店を行うことは

 

初めての土地で地図やガイドも無く目的地を目指すくらい危険だと思います。

 

もちろん地図やガイドがいなくてもゴールに辿り着く事は出来るでしょう。

 

しかし道を間違えて沢山の時間をロスしたり

 

危険な道に迷いこんで崖から落ちて怪我をしてしまったり

 

沢山遠回りしてガソリン代も無駄になってしまったりしてしまいます。

 

飲食店出店は何百万もしくは1000万から2000万くらいの投資が必要です。

 

一つの間違いが何十万のコスト増に繋がる事も多々あります。

 

当社はこれらの危険な落とし穴や道に迷いそうな箇所を事前にアドバイスします。

 

そして出店までの時間とコストを最短で最小のコストに抑制するのです。

  

 

飲食店の出店には色々な問題が発生します。

 

物件の不動産賃貸借契約、食材の仕入れ、人材募集、近隣との問題

 

客単価の設定、見積書の読み方、内装工事の問題等々・・・

 

私は10年弱毎日毎日これらの問題を解決してきています。

 

 

他にも資金計画や立地調査、物件査定、中古物件の査定など

 

沢山の事案に携わりました。

 

この中で苦労して積み重ねたノウハウをお客様に提供しています。

 

この10年と言う時間と300店舗弱の出店経験に対してコンサルティング費用

 

という形でお支払頂いている訳です。

 

コンサルティング費用も飲食業界の中では格安に設定しています。

 

そう考えるとコンサルティング費用分くらいは元が取れてしまうと言う事なんです。

 

 

現在当社には飲食店を100店舗以上展開されている企業様や

 

食材、飲料などの上場企業様。

 

飲食業界では有名な大繁盛店のチェーン様も当社のノウハウを活用しています。

 

ですから本や雑誌から仕入れられる簡単なノウハウを提供している訳では

 

ありません。

 

出店を終えたお客様からも御満足して頂いたと言う沢山の声を頂き

 

新しいお客様の御紹介も沢山頂いております。

 

とは言っても怪しそうだなあとか、コンサルティング費用は高額なのでは?

 

と不安なお客様は弊社の場合初回の相談は無料です。

 

初回の面談を終えて御満足頂けましたら後日再度御連絡頂ければ結構です。

 

是非ともハイブリッドな出店ノウハウを体感して頂きたいと思います。

 

 

弊社社員一同お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社は飲食店出店に関わる出店者様の開業サポートを行っています。

 

毎月様々な方からの開業相談を受け付けております。

 

その方々に立地診断や物件調査、経営戦略立案等、資金調達アドバイス等

 

の提案が出来る熱い方を募集します。

 

もちろん細かいノウハウは当社が御指導いたしますのでご安心ください。

 

将来飲食店を出店したい方、独立して起業したい方、

 

飲食店の出店までを学びたい方には最適な仕事かと思います。

 

 

お客様への提案を行う仕事になりますので営業経験があれば望ましいです。

 

当社自身も直営店出店や新しい事業分野に進出しますので

 

一緒に事業拡大を叶えられるメンバーを募集します。

 

 

職種 営業職(正社員)

 

年齢 25歳以上35歳くらいまで

 

勤務地 渋谷(当社となります)

 

給与 面談の上決定致します。

 

応募方法 履歴書をメールもしくは郵送ください。こちらから御連絡いたします。

       御不明の点はお問い合わせください。

 

採用担当 高木まで

 

 

誕生日

先日、誕生日を迎えました。

 

この年になるとあまり嬉しくありませんが又一つ年をとりました。

 

 

突然、弊社の狭い事務所に仲間が押し掛けてきてお祝いをしてもらいました。

 

誕生日当日は家族と過ごして下さいと言う事で前日のサプライズパーティー。

 

事務所内で食べ物やお酒を大量に買い込んでの誕生会でした。

 

と言うよりも「飲み会」でした。(笑)

 

狭い事務所なので大人数が入ると息苦しくなりそうですが

 

そんなことお構いなしで盛り上がって飲み過ぎましたね。

 

最初から最後までずっと笑っていたと言う記憶しかありません。

 

 

その時につくづく感じたのは人間が生きていく上で本当に大切な物や

 

嬉しい物は目に見えないんだなと言う事です。

 

皆で作ったと言う素晴らしい手作りのプレゼントも頂きました。

 

美味しい料理や美味しいお酒も並んでお腹も一杯になりました。

 

でもこれらの事が一番に嬉しかったんでは無く

 

仕事の合間を縫って準備してくれたり

 

40超えたおっさんを祝って喜ばそうと思ってくれた気持が嬉しかったんです。

 

忙しい中で時間を工面して動いてくれたんだと思うと

 

心の底から感動する気持ちがわき上がってきました。

 

つまり僕を本当に感動させたものは全て目に見えない物だったんです。

 

 

格好付けてるように思われるかもしれませんが

 

本当の喜びはその行為に「愛」がどれだけ含まれているかだと思います。

 

心からCMの「プライスレス」の意味が分かりました。

 

そんな素敵な時間を共有できたことに本当に感謝しています。

 

 

 

誕生日を境に人間的にも一回りも二回りもでかい人間に成長したいところですが

 

体格ばかり(特に腹周り)がでかくなっている今日この頃です。

 

 

 

 

 

女性経営者の決断力

弊社のクライアントは当然ですが飲食店の経営者が殆どです。

 

その中でも何人か女性経営者がいらっしゃいます。

 

最近の出店者では

 

埼玉県入間市のインド料理「印度亭」http://indotei.net/

 

横浜市あざみ野の「Cafe Bar Nibbles」http://ameblo.jp/theshowroom/

 

これらのお店の経営者はどちらも女性オーナーです。

 

もちろん今の時代女性経営者も珍しくないのですが共通点があります。

 

お二人の共通点は・・・

 

①出会いが私のセミナーの参加者であること

 

②お二人とも飲食店未経験であること(料理人ではないと言う事です)

 

③ポジティブでプラス思考であること。

 

④素直であること(偉そうですいません)

 

⑤即決すること

 

僕が感じる二人の共通点はこんな感じです。

 

お二人は違う時期のセミナーの参加者なので面識はありません。

 

でもタイプが似てるんですよねー。

 

 

 

印度亭さんは立地の厳しさを自らの攻めの営業を行って凌駕しています。

 

ブログを見て頂くと分かるのですがデリバリーが非常に好調です。

 

この戦略もすぐに実行して結果を出しています。

 

お客さんが来ない。じゃあ売りに行くしかないですよねと言う事を

 

即断即決して実行して頂いています。

 

 

 

Cafe Bar Nibblesさんは弊社社員と沢山の物件を見ていました。

 

もちろん色んな理想があったと思います。

 

でもオーナーになる訳ですから商売と言う勝負に勝たなければなりません。

 

ロケーションや賃料、通勤などを考えて今回の物件に決定しました。

 

 

 

お二人の周りには沢山の人が集まってきます。

 

業者さんもすごく応援してますし、お客さんにもファンが多いんです。

 

それは⑤の即決する気持ち良さなんだと思います。

 

なんか男前なんです(笑)

 

以前からブログで何度も書いていますが決断しない人には人は寄ってきません。

 

何にでも「やります!」とイエスの返事をすると言うことではありません。

 

嫌な事や自分の価値基準とは違うと思ったら「それはやりません!」と即決する。

 

それが優しさでもあると思います。

 

これが一緒に仕事をしていて気持ちが良いんだと思うんです。

 

「やるのかやらないのか」決断せずに先延ばしするタイプの人もいます。

 

はっきり言って意味が分かりません。

 

別に断られても何とも思わないのですが「やらない」と言ってくれないので

 

こちらもどうして良いのか分かりませんし真意が分からなくて気持ち悪いんです。

 

 

「ホワイトカラーは疲れる事は無い。

 

やり残した仕事が多すぎて、あれもやってない。これもやってない。

 

と自己嫌悪に陥ってストレスを感じるのだ。」

 

と言われています。

 

表現は極端ですがその通りだなと思います。

 

やっぱり仕事は一つ一つ片づけていかないとドンドン積み重なって

 

最終的には身動きが取れなくなって自分や相手にも迷惑を掛けます。

 

だからこそ「決める」ことが大切だと感じます。

 

「やる!と決める」「やらない!と決める」簡単そうで難しい事です。

 

今一度私も自分の行動を見つめなおして即断即決を心がけようと思います。

 

 

 

もちろん弊社クライアント様にはまだまだ素晴らしい方が沢山いらっしゃいます。

 

次の機会に御紹介させて頂きます。

 

お近くに行く機会がありましたら是非2つのお店に顔を出してみてください。

 

きっと沢山の元気をもらう事が出来ると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在政府が検討している「パートタイマーの社会保険加入」

 

まずは週に20時間以上の労働、年収80万円以上、雇用期間1年以上の条件を

 

満たすパートタイマーに社会保険の適用を行おうとするもの。

 

段階的に社員数が1000人以上から始めて順次、会社の規模を下げていく。

 

 

これってどう思います?

 

労働集約型の飲食業界においては非常に危機的な法案かもしれません。

 

そもそも社会保険と言うのは保険料を労使折半します。

 

50%が会社で50%が働き手ということです。

 

パートさん側から見ると手取りが減ると言う事です。

 

もっと怖いのは会社側から考えるとパート社員の50%の社会保険料を

 

負担すると言う事になります。

 

正直言ってアルバイトを数多く抱える飲食店は収益が悪化すると同時に

 

資金繰りが非常に厳しくなります。

 

 

国民皆保険と言うのは素晴らしい事だと思います。

 

しかし社会保険料の負担を中小の飲食店にまで広げるとしたら

 

パートを雇用する事は出来なくなると思います。

 

もしくはその分時給を下げるなどして調整が行われるのは目に見えています。

 

 

でも毎年増え続ける社会保障費、医療費。

 

毎回政府から出される法案は痛みを若い世代や子供に負担をさせるものばかり。

 

何故か老人の既得権は守られる。

 

そこに声を上げようものなら「弱者をいじめるな」とか大反論。

 

与党も次の選挙を考えると怖くてメスを入れられません。

 

これが日本の国力が失われる元凶だと思います。

 

何故、全世代で痛みを共有しないのか?

 

何故若い世代がやる気や向上心を持って生きていける世の中にしないのか?

 

と疑問に思ってしまいます。

 

 

まだまだ言いたい事は山ほどあるのですが深くなりすぎると色々あるので

 

ここら辺で止めておきます。

 

 

私は強く思います。

 

これからの飲食店は新しい労働力の確保と雇用の維持を行う戦略を

 

持たなければなりません。

 

この2点に早くから手を付けた企業が勝ち残ると思います。

 

特に中小の飲食店は急務の課題です。

 

弊社では上記の様な事に関しても御相談に乗らせて頂いております。

 

 

 

 

 

 

 

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

このページの上へ