BabyUp(ベイビーアップ) 子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

先日海外出張から帰国致しました。

 

不在中は連絡が取り辛くご迷惑おかけいたしました。

 

中国と言う国に行って思ったことがあります。

 

まず感じたのは人々のパワーです。そして活気です。

 

色々なビジネスチャンスにも気付きました。

 

まだまだ参入の余地は色々な業種で沢山あると思います。

 

 

何故日本は国力が低下してしまって中国に追いつき追いぬかれ

 

景気も回復しないんだろう?とずっと考えていました。

 

私の思う一つの結論は「生きる」と言う人間にとって一番強い欲求であり尊厳が

 

日本人は満たされてしまっていると思います。

 

世界中の多くの国では「生きる」と言う人間として当たり前の権利や尊厳が

 

満たされおらず中国でも地域や職種によっては所得水準も低い地域があり

 

明日からどうやって食べていくか?生きていくかを考えている人もいます。

 

人間にとって「生きる」と言う事は本能であり一番強い心のパワーです。

 

でも日本人は明日食べる物がないとか明日から生活が出来ないと言う人は少ない。

 

だから日本人は稼ぐ理由や仕事の目的、夢等の価値観を大切にし始めたんです。

 

面倒なロジックや規則、ルールが必要になってきたんだと思います。

 

諸外国では働くと言う事の動機がシンプルであるからパワーがあるんだと思います。

 

つまり「生きる」と言う事が根底にあり「稼ぐ」と言う事が当たり前なんです。

 

もちろん夢や価値観なども本当に大切なものだと理解しています。

 

しかしながら労働とはもっとシンプルな物であり人間の本能の様な物なのでは

 

ないのかな?と考えます。

 

人間の有史以来、働く事に意味を持たせなければならないと言い始めたのは

 

つい最近の事のように思います。

 

 

 

見方を変えれば日本では労働力確保の為に「生きる」と言うパワーは使えません。

 

やりがいや願望が満たされないと労働力は確保できません。

 

だからこそ旧態依然の様に賃金を払っているんだから働いて当然だと言う

 

会社や店舗には人は集まりません。

 

人の向上心や願望等に仕事を直結させることが必要となってきます。

 

この変化に気付いて会社自体も変化しなければ雇用が上手く出来ずに

 

会社が衰退してしまいます。

 

だからこそ当社では飲食店様にモチベーション研修をドンドン導入しています。

 

これらの成果報告が続々寄せられています。

 

これからの会社を成長させる為に必要な物は

 

「モチベーション」と「心構え」だと思っています。

 

 

 


 

いざ中国へ

いきなりですが来週後半から中国へ出張してまいります。

 

海外出店の支援も弊社では事業の一つとして稼働しております。

 

中国というマーケットに関しても勉強してこようと思います。

 

今回は日本で飲食店を多店舗展開している社長と御一緒します。

 

沢山の刺激を受けて帰って来ようと思っています。

 

 

但し以前のブログでも書いた様に、それでも飲食店の出店は日本が良いです。

 

海外進出を流行りの様に捉えている人が多いようですがどうなんでしょう。

 

言葉や文化、商習慣、法規などどれを取っても慣れている日本が一番です。

 

但し飲食事業を長いスパンで見た場合は海外進出も視野に入れておく

 

必要があると思います。

 

知識や経験を持っているのといないのでは雲泥の差がありますので

 

まずは視察を兼ねて行って参ります。

 

後日ご報告いたします。

 

 

麹町にオーセンティックなバーがオープンしました。

 

その名も「バーリトルリンク」。

 

オーナーはバーテンダー 一筋。

 

スコッチ文化研究所が認定する「ウイスキープロフェッショナル」の称号を持つ。

 

ウイスキーの知識があまり無い人にもクセの無い物をお勧めしてもらえます。

 

珍しい卵やホタテの薫製などをつまみながら本格ウイスキーを頂く。

 

至福の幸せが訪れます。

 

APS_1495 のコピー.jpg 

 

 

APS_1508 のコピー.jpg 

 

東京都千代田区平河町1-6-11 エクシール平河町B1

03-3556-2276

月曜日から金曜日 17時から25時

土曜日        17時から23時

日曜、祝日定休

Bar  Little  Link」(バーリトルリンク)

 

強いチームワークって・・・

皆さんの会社や店舗においてチームワークは良いですか?

 

と聞かれたら何と答えます?

 

チームワークって聞こえは良いですけど難しいですよね。

 

スポーツなかだと分かりやすいんですけど飲食店や会社って・・・

 

弊社は社内の組織力強化等の研修やセミナーも行うんですが

 

その会社や店舗によって仲間の考え方が全然違うって事に気付く事もしばしば。

 

 

ただ僕の場合チームワークって言うとどうしても思い出すのは

 

「デフレパード」って言うバンドの事なんです。

 

高校時代ハードロックのバンドを組んでいたくらいなので今も音楽は大好きです。

 

でも「デフレパード」はすごいんです。

 

イングランド出身のハードロックバンドなんですが人気絶頂の時にドラムの

 

リックアレンと言うドラマーが交通事故に遭って腕を肩から切断してしまうんです。

 

もちろんレコーディングも中止。アルバムも発売中止になります。

 

でもこのリックアレンが片腕で復活するんです。

 

しかもハードロックバンドが曲調をメロディアスに変えての復活です。

 

そしてこのアルバムが爆発的にヒットする訳なんです。

 

これがその曲なんですが

 

http://www.youtube.com/watch?v=AQ4xwmZ6zi4

 

考えられますか?片腕を失ったドラマーを元気付けて復帰まで皆で待って

 

自分達のコンセプトの曲調も変えて、リックアレン自身も苦痛に耐えて。

 

そして皆に音楽を通して感動を与えている。

 

僕達が携わっている飲食業にも通じるものがあるんじゃないかな?

 

と思ってお伝えしています。

 

 

僕は高校時代映像を見て鳥肌が立ったのを覚えています。

 

最近クライアント先でチームとか組織などの題材で研修する事が多かったので

 

突然「デフレパード」を思い出したのかもしれません。

 

僕の高校時代の記憶ですから今から24年くらい前の事です。(笑)

 

この映像から何か元気でも貰ってください。

 

 

 

 

 

 

この度弊社のウェブサイトをリニューアルいたしました。

 

今まで質問の多かった弊社の業務内容や金額を分かり易く明記しました。

 

まだ手直しする箇所もあるのですが

 

「完璧より低い基準はない」と言う考えの元にまずはアップ致します。

 

 

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このページの上へ