BabyUp(ベイビーアップ) 子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

まだまだ東北大震災の影響は続いています。

 

また福島原発の余波も広がり続けています。

 

こんな状況だからこそ情報リテラシーと言う物が必要です。

 

自分の目で確認し今までの経験と正確な情報から戦略を練るべきです。

 

いつも言う事ですが周りの人の意見に惑わされてはいけません。

 

自分で中止と言う決断をしたのなら、それは勇気ある撤退です。

 

自分で進むと決めたら振り返ってはいけません。

 

良質の決断は良質の結果を生みます。全ては決断です。

 

 

今週は既に新規出店の相談が3件目です。

 

もちろん全てが最速で出店準備を行う訳ではありません。

 

ゆっくり準備する人、様子見の人それぞれです。

 

またすぐにオープンしたいと言うお客様に延期を助言したケースもあります。

 

但しオープン準備を始める人も当然いらっしゃいます。

 

 

当社にも出店するべきか延期するべきかと言う相談が増えていますが

 

当社は判断できる類似業種の情報や今後のマーケット予測を伝えます。

 

その後の決断はオーナーの仕事です。

 

この決断を自分自身で行う事で言い訳と言う逃げの感情を捨て去ります。

 

 

他人からの助言ほど適当で罪作りな事はありません。

 

何故なら、その助言者は責任を取るつもりはないからです。

 

当社の場合は金銭が発生する仕事です。

 

適当な発言は責任問題です。

 

 

 

 

震災前から準備をされていた方が4月に2件オープンします。

 

これらがどういう結果になるのかは分かりません。

 

しかし全力でサポートをして行こうと思います。

 

 

完璧ほど低い基準はない!

 

僕はこう思います。

 

日を追うごとに震災の被害の大きさが報道されています。

 

重ねて申し上げますが被害に遭われた方々に対して心からお見舞い申し上げます。

 

 

さて飲食業界の現状は?皆様御存じのように悲惨です。

 

街には人通りも少なく活気がありません。

 

こんな事態なのだから当たり前かもしれません。

 

もちろん不要な電気は節電し福島原発の損壊の影響を最小限にするべきです。

 

 

これはどこの業界でもそうだと思いますが

 

震災後、自粛、自粛のムードが広がり特に飲食店の夜の営業は全滅です。

 

宴会などの予約もキャンセルが続いています。

 

私の知人の飲食店経営者は早速に本社事務所を撤退させたり

 

別の経営者は複数店舗の退店を決定しています。

 

 

私が言いたいのは震災に直接被害に遭っていない僕らは普通通りの生活を

 

続けるべきなんだと思っています。

 

私のクライアント先には営業しているだけで不謹慎だと言われる店舗もあります。

 

もちろん価値観は多様性が必要ですから自粛も良いでしょう。

 

実際の都内の店舗ではアルバイト社員の労働時間が激減しています。

 

もちろん契約しているアルバイト社員の解雇をしている店も多々あります。

 

正社員の希望退職や賃金引き下げも起きています。

 

新規の採用なんてとんでもないと皆が言います。

 

 

要は過度の自粛ムードが結果として僕らの実態経済を悪化させてしまう

 

と言う事です。復興する為には当然、労働力と資金が必要です。

 

今、命懸けで頑張っている自衛隊の方々や警察、公務員の方等の給与は

 

税金から支払われています。

 

つまり僕らの納税によって被災地の救援活動は行われています。

 

 

だから僕らがやらなければならない事は不要な買占めやネガティブな情報伝達

 

等ではなく、今まで通りの生活を送り経済を回し続ける事ではないでしょうか?

 

もちろん節電に気を使うのはもちろんですが東京にいる僕らは被災した人達に

 

比べれば何ともありません。

 

 

僕は日本国民として東北地方の方々を支援するべく更に事業に邁進しようと

 

思っています。そして利益を出して納税し寄付を行います。

 

 

ツイッター上で震災後から訴えてきましたが、不謹慎だと言われてきました。

 

最近は同調してくれる方も増えて皆が経済の危機に目を向けています。

 

 

3月末は中小企業にとって年度末の大切な月です。

 

日本国内が震災で悲しむ人に加えてリストラや資金繰り悪化によって倒産など

 

で悲しむ人達を増やしてはならないと思います。

 

 

先日、私のコンサルティング先にはこのような上記のようなメールを配信しました。

 

お叱りを受けるかと思いましたが皆様元気を取り戻してくれました。

 

ここが正念場です。苦しいですが自分なりに出来る事を精一杯やりましょう。

 

 

 

必ず復活しましょう。

 

日本を見捨てて海外に帰国している人も多々いるとい聞きます。

 

元Jリーガーのラモスも「海外に逃げる外国人や日本人はほっとけ。

 

僕ら日本人で日本を復活させよう」と言ってます。

 

帰化したラモスの方がよっぽど日本人らしいですよね。

 

だから僕も敢えて言います。日本の底力なめんなよ!と。

元気を出しましょう!

国連のコメント

 

「日本は今まで世界中に援助をしてきた援助大国だ

 

今回は全力で国連が援助する。」

 

 

 

 

ツイッターより

 

駅員さんに「昨日一日一生懸命電車を走らせてくれてありがとう」と言っている

 

子供達を見た。駅員さんは泣いていた。

 

 

ツイッターより

 

避難所でおじいさんが「これからどうなるんだろう?」って不安そうに言っていた。

 

横にいた高校生くらいの男の子が

 

「大丈夫。大人になったら僕達が絶対に元通りに直します」って

 

おじいさんの背中をさすっていた。

 

 

 

 

こんなこと書いて震災に遭った人たちが読んでくれているとは思わないです。

 

僕のブログじゃ影響力はないかもしれない。

 

でも何かしなければと思って書いてます。

 

 

こんな悲惨な状況であってもスーパーでは列に並んでお金を払って

 

略奪が起きる訳でも無く・・・

 

満員電車ではお年寄りに席を譲って・・・

 

外国のメディアは理解を超えていて、どう伝えて良いのかわからないらしい。

 

外国であればすぐに暴動や略奪が起きて治安が一気に悪化してしまう。

 

でも、これが日本人なんだと思う。

 

電車が動かなければ文句言わず歩いて帰って、知らない人達にトイレ

 

貸してあげて、温かいお茶を配ったり。。。

 

戦争に負けて焼け野原になっても、毎年台風が上陸して、

 

過去にも大きな地震で壊滅的な被害に何回もあっても

 

必ず起き上がってきた。

 

僕たちには絶対に立ちあがると言うアイデンティティーが根付いている。

 

だから絶対に絶対に負けない。

 

僕が出来る支援なんて本当に限られているけれど

 

出来る事を精一杯やっていこうと思います。

 

 

元気のない人達を少しでも勇気づけたいと思いブログに書きました。

震災お見舞い申し上げます

この度、宮城県三陸沖を震源とした

 

 

「東北地方太平洋沖地震」におきまして、

 

 

被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、

 

 

犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、

 

 

深くお悔やみを申し上げます。

 

 

 

 

 

 

このブログは小さな影響力かもしれませんが、

 

 

ご覧になってる皆様が

 

 

節電や周りに困っている人がいれば助け合う。

 

 

微力かもしれませんが一人一人が出来る事を

 

 

始めてみませんか?

 

 

 

力を合わせてこの危機を乗り切りましょう。

 

 

 

 

 

まだ行方の分からない皆様のご無事を、

 

 

ただ、ただ心よりお祈り申し上げます。

海外進出?

来月、中国に行きます。

 

お世話になっている社長とビジネスの視察も兼ねて行ってきます。

 

でも勘違いしないでください。弊社はまだまだ日本で成功を収めていません。

 

よって海外進出する訳ではありません。

 

今、弊社クライアントの海外進出の支援をさせてもらっています。

 

このF社長の戦略はとても素晴らしいです。また日本でもビジネスが成功してます。

 

よって迷い無く応援させてもらってます。

 

 

でも良く聞く話は「ティーアップさんは未だ日本でビジネスしてるの?

 

これからは中国だよ。」こう言う人多いんですよ。

 

飲食関連ビジネスって確かに少子化や景気後退によってパイは縮小傾向です。

 

そう言った意味ではアジアの方が経済成長率も高いのでチャンスは多いです。

 

でも全くの異国で文化も違って言葉も商習慣も違う所で成功するって

 

かなり大変だと思うんです。

 

日本で成功されて更なる企業の成長の為に海外進出ってすごく理解出来ます。

 

でも「まだ日本でやってるの?」って僕に聞く人って日本で成功していないどころか

 

メチャクチャ苦しんでたりします。

 

生まれ育った住み慣れた日本で利益が出ないで苦しんでる企業が海外で

 

上手くいくのかなあ?って思ってしまうんですよね。

 

単なる逃げなんじゃないかって。

 

でもそう言う人を盛り上げる人が沢山いて「すごいっすねー。中国ですか!」って。

 

 

とは言っても経済発展著しいアジアはチャンスはチャンスです。

 

近い将来に弊社も海外進出しましたって言えるように会社の体力付けておきます。

 

 

 

10年前の出会い

昨日、北千住で建設業を営んでいる社長とお酒を飲みました。

 

彼と知り合ってから約10年になります。

 

彼と知り合った時、彼の会社は大きな負債を抱えていました。

 

喫茶店のお茶代の支払いも厳しかったのを覚えています。

 

会う度に色々な事をアドバイスしました。

 

体はプロレスラーの様にデカイので安くて旨い飯を二人で沢山食べました。

 

この時の彼は非常に辛かったと思います。いつも作業着で疲れていました。

 

でも何故か気になるので何度も会って色々な事を話しました。

 

彼の責任ではない借金の為に一生懸命に働くのは大変だったと思います。

 

負債を背負って社長となり頑張っていました。

 

それから徐々に負債も減って3~4年経ったある日、上野で酒でも飲みましょう

 

と誘われて酒を飲んだ時に「阿久津さんのおかげで借金を完済しました」

 

と言ってネクタイのプレゼントをくれたんです。

 

この時は本当にうれしくて二人で喜びまくったのを覚えてます。

 

 

それからは業績も好調でした。

 

ところが約1年ほど前に大口取引先の業績不振で影響を受けてしまいます。

 

会社もかなりのダメージを受けていました。

 

この時も相談に乗りアドバイスをしました。

 

しかし彼はこの1年間、腐らずに一生懸命に働いていました。

 

来期は創業以来の最高売り上げ、最高益を達成しそうだとのことです。

 

 

彼は今、子供たちにレスリングを教えています。

 

子供達の頑張りに感銘を受け「自分も頑張ろう!」と思い続けたそうです。

 

社員の人達も若いのですが皆すごく礼儀正しく気持ちが良い人ばかりです。

 

彼は「学歴が無いのでこれくらいは出来ないと」と言います。

 

 

この彼が色々私の事を支援してくれようとしています。

 

本当にうれしい事だと思います。

 

北千住の天七で串揚げを食べながら二人で熱く話しました。

 

 

前にも書いたかもしれませんが、私のビジネスの信条は

 

「ビジネスとは何をやるかではなくて誰とやるかである」と思います。

 

信頼できる人間と出会う事が出来ればどんな商売であろうと上手くいきます。

 

でもビジネスの形ばかりに気を取られて人が付いていない会社は駄目です。

 

 

こう言う時代だからこそ強いリーダーが会社を引っ張り

 

社員のモチベーションを上げていけば必ず成功出来ると確信しています。

 

 

本当に旨い酒を飲んでモチベーションも上がり今月も気合を入れていきます。

 

不可能とは先入観です。

 

絶対に上手くいきます。

 

張り切っていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新規事業の構築

2月も終わり今日から3月です。もう春のはずですが、まだまだ寒い。

 

弊社では年明けから新規事業を模索してきました。

 

もちろん本業である「開業、出店サポート」これは更に強化をして行きます。

 

しかし2年目を迎える弊社はスピードを上げて加速する必要があります。

 

今年の年初に社内で皆に誓った「新規事業からの収益を増やす」こと。

 

先月2月に何とか新規事業が立ち上がりました。

 

本日もこの事業の契約です。

 

弊社社員も自分自身で考えた収益スキームで走り始め、

 

2月に契約を頂戴し走り始めています。

 

決して自慢をしたいのではなく言いたいのは、この場所に立ち止まっていても

 

現状を打開する事は出来ないと思うのです。

 

偉そうな事を言ってダメになった案件も本当に沢山あります。

 

でも何もやらずに口だけで2か月が過ぎてしまったと言うよりは100倍マシです。

 

失敗から学んだ事やスキームや自分の知識の乏しさを痛感したこともあります。

 

でもこの方針は変えずにいきます。

 

 

 

飲食業界全体が不景気の波に押しつぶされそうです。

 

でも手をこまねいて見ているだけでは沈むだけです。

 

攻撃は最大の防御。

 

無理と思うのは自分自身の決めた先入観です。

 

弊社の場合はリーマンショック後の最悪の時に設立してますので

 

不景気っていまさら何言ってんの?って感じなのですが。。。

 

限られた経営資源である、人、物、金。

 

これらを一番収益性と成長性の高い分野に集中させる。

 

そうすると不思議とレバレッジが効いて最高のパフォーマンスが出ると思います。

 

 

 

 

社員、業者様、周りのブレーンの方々が優秀なお陰で本当に助かっております。

 

クライアントファーストを理念として今後とも頑張ります。よろしくお願いいたします。

 

 

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このページの上へ