BabyUp(ベイビーアップ) 子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

引き渡しが続いてます。

11月下旬を迎えて弊社お客様の御引き渡しが続いてます。

 

12月は稼ぎ時ですから絶対に12月にはオープンしたい。当然ですよね。

 

しかも今年は12月1日が大安。

 

ですからオープンラッシュです。

 

でも流石にオープンのお祝いに1日で3件回るのはきついかも。。。

 

まあお客様のオープンに立ち会えると言う嬉しい悲鳴ではありますが。

 

しっかりオープンを見届けて応援したいと思います。

 

 

 

やはり飲食店は12月が稼ぎ時ですよね?

 

弊社のお客様も12月オープンのお客様が3件いらっしゃいます。

 

なので今月は工事の引き渡しが絡んでしまい時間に追われる日々です。

 

3件のお客様のオープンを無事見届けたら来年1月オープンのお客様も3件です。

 

1月オープンのお客様の場合、今月が打ち合わせのピークでこちらもタイト。

 

 

近々に弊社は移転をします。

 

10月の下旬から移転業務や電話工事の予約、不動産の契約、備品の購入・・・

 

等にも追われている毎日。やばいっす。

 

でも色々な方がヘルプして頂いて少しずつですが進んでいます。

 

本当に皆さまに感謝です。

 

今月も気合を入れて頑張りましょう。

 

 

10名のプロ集団形成

飲食店の出店に欠かせない設計、デザイン、施工のプロフェッショナルの方々を

 

以前から募集させて頂いておりました。

 

やっと10名超の人数で体制で布陣が整いました。

 

この最強メンバーでお客様のお店を作り上げていきたいと思っております。

 

それぞれのデザイナーには得意分野があります。

 

そのデザイナーの人選を弊社が一括して請け負っております。

 

お客様に最適なデザイナーや設計士を選定して繁盛店作りに貢献いたします。

 

お店を出店したいと言う方は御気軽にご相談ください。

 

松屋の収益構造って?

渋谷の並木橋交差点そばに、ずっと空いている物件がありました。

 

募集が出た当時の賃料は坪60,000円以上だったと思います。

 

やはり誰も出店せず約3年くらい空きテナントでした。

 

このご時世ですから賃料は下がったと思いますが、工事が始まったと思ったら

 

アルバイト募集広告に松屋とありました。

 

200メーターくらい先に松屋があるのに、この高額な賃料の場所に出店。

 

しかも280円の牛丼を主力の商品にしてです。

 

もちろん店舗数が多いからこそ賃料が平均化出来るのだとは思いますが

 

企業の体力や収益構造に感心してしまいます。

 

 

チェーン店は駄目だとか色々言う人がいますが私は思います。

 

これくらいまで突き抜けてしまうと、あっぱれと言うしかないなと。

 

「出る杭は打たれる。出過ぎた杭は打たれない。」

 

私の好きな言葉です。

今月の言葉

今日から11月です。

 

ティーアップにとっても新たな節目の月になります。

 

弊社は毎月1日に氏神様にお参りに行きます。

 

今日もお参りを済まし、朝のミーティングが終わり清々しい気持ちでブログを書いてます。

 

今日神社で頂いたお札に

 

「義を見てせざるは、勇なきなり」と書いてありました。

 

これは孔子の言葉で

 

正義の事と知りながら実行しないのは、その人に勇気がなく臆病だと言う事。

 

時に人間は正しいことの為に勇気を奮い立たせなければならない。

 

と言う意味だそうです。

 

心に響きます・・・

 

 

ティーアップにとっても今月は色々な意味で挑戦の月となり

 

やらなければならないことが沢山あります。

 

多忙を理由に夢を叶えるステップが忙殺されることのないように頑張ります。

 

 

ティーアップのクレド(会社理念)の中の一文にこう言った文章があります。

 

「周りに馬鹿にされようが、誹謗中傷を受けようが自分が正しいと思った事は

 

諦めないで実行して進めよう。(中略)

 

周りの意見を真摯に聞く冷静さを私達は兼ね備えている。

 

そして馬鹿にされた悔しさをパワーをに変える勇気を私達は持っている。」

 

格好付け過ぎかもしれませが、心からこう思っています。

 

11月も皆さん、気合入れていきましょう。

 

 

 

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このページの上へ